ニキビ跡をレーザーでしっかり改善|素敵な肌に大変身

女の人の横顔

肌の凸凹を薄くする手術

看護師

跡が残ってしまうニキビ

ニキビは青春の証などと美化されることもありますが、本人にとっては美観が損なわれて嫌なものです。特に10代のうちだと人目が気になって、とにかく早く見えなくしたくて潰してしまい、ニキビ跡が残ってしまう場合もあります。ひどくなるとクレーターの世に凸凹になってしまう人も少なくありません。出来てしまったニキビ跡は、自然に消えることはほとんどありません。どうしても消したかったり目立たなくしたい場合は、美容整形手術をする必要があります。ニキビ跡を消すにはレーザー手術が一般的です。レーザーは痣やほくろ、傷跡を消したり、入れ墨を消すことにも使われます。クリニックではレーザーの出力量によって、様々な皮膚の疾患に対応します。

手術で肌の悩みを解消

レーザー手術でニキビ跡など肌の凸凹を目立たなくするには、レーザーを跡に照射して肌の古い角質層に直接働きかけて新陳代謝を促し、皮膚の再生をさせるという仕組みになっています。シミや痣は色を隠すだけで見えなくなりますが、肌の凸凹は目立たなくするには非常に困難な疾患の一つです。しかし、この数年で医療の技術が進歩して出来るようになった美容整形手術の一つです。美容整形手術でニキビ跡を全て見えなくすることは無理でも、出来るだけ薄くなれば、メイクと合わせて肌の凸凹を目立たなくすることは可能です。皮膚が新しく生まれ変わるということになるので、跡が目立ちにくくなり、その他の肌の質感もできにくくなる可能性もあります。