ニキビ跡をレーザーでしっかり改善|素敵な肌に大変身

女の人の横顔

美容皮膚科で治療を

顔に触れる女の人

セルフケアでは改善が無理

ニキビの炎症が治まった後に、できるニキビ跡に改善の効果を発揮するのがレーザー治療です。もちろん、レーザー治療も万能ではないので、改善できるニキビ跡は限られたものとなります。しかし、セルフケアで改善できなかったニキビ跡でも、レーザー治療で改善することができるので美容皮膚科でのレーザー治療は人気があります。レーザー治療に使われるレーザーは、炎症を起こしている部位が皮膚の真皮や皮下組織だとしても、そこまで届き改善を促す働きを持っています。セルフケアでは届かない部分の原因を改善する効果を持っているので、ニキビ跡の治療を効果的に行うこともできます。人気のレーザー治療ですが、美容皮膚科によって医師の技術や機械に違いがあるので、受けるときにはしっかりとした事前説明を受けることが大切となります。

治療後は家でのケアが大切

悩んだニキビ跡をレーザー治療した後は、家でのケアがどうしても必要となります。また、治療は1回で終わることは少なく何回か通院する必要がありますので、その間は家で適切なケアをするよう医師から指示があります。レーザー治療後の肌は非常に弱くなっている状態ですので、ガーゼで保護された患部のガーゼをすぐに外すのはやめておきましょう。医師の指示に従い、医師が外してもよいと言われた期日まではつけておくようにしましょう。必ずではありませんが、塗り薬や内服薬を処方された場合は正しく使用し、雑菌などが入らないように気を付けましょう。日常的に日焼け対策は徹底的に行うようにする必要があります。レーザー治療した後の皮膚は弱いので、紫外線の影響を大きく受けることもありますので日焼け対策は欠かせないものです。